ビリヤードのブリッジ 〜 ビリヤード

main_top_over_navi
main_top

ビリヤードのブリッジ


ブリッジの正しい作り方も覚えておきましょう。これは、ビリヤード上達のためにも欠かせない基本です。ブリッジとは、キューを支えるためにもう一方の手で作る指の形のことです。ブリッジを正しく作ることは、安定したショットを打つことにもつながりますから、ビリヤードの上達に大いに関係があります。逆に、ブリッジがしっかり作れていないと、ミスショットが増えるといえます。

様々な場面で使うことが出来る「スタンダードブリッジ」を覚えましょう。まずは、キューを握っていないほうの手をテーブルに置いて、出来るだけ指を開きます。次に人差し指を上に向かってあげて、中指を親指側に、親指を中指側に向かって伸ばし、親指が中指の第二関節にあたるように置きます。あとは、親指にキューを乗せ、キューの上から人差し指をかぶせればブリッジの完成です。安定したショットを打つためのポイントは、中指?小指までをできるだけ大きく開いてテーブルに押しつけるようにすることです。

ビリヤードが上達してきたら、他のブリッジも覚えてみましょう。レールに手を広げておくレールブリッジ・Vブリッジなどの種類があります。ブリッジを作ることは、ビリヤード上達のための基本です。ショットを打つ前には確実にマスターしておきましょう。家でできる練習なので、時間を見つけてテーブルとキューを使って練習するとよいでしょう。ブリッジの作り方を間違えていた人は、正しい作り方を覚えて練習するとビリヤードが数倍上達します。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ビリヤード All Rights Reserved.

投資信託入門塾