ビリヤードのタップ 〜 ビリヤード

main_top_over_navi
main_top

ビリヤードのタップ


ビリヤードを上達させたいなら、道具についてもよく知っておくことをオススメします。まずは、タップです。タップとは、キューの先についている皮の部分のことです。ティップと呼ばれることもあります。タップは消耗品で、ずっと同じタップを使い続けることはできません。初心者におすすめのタップは、柔らかめに作られています。逆に、上級者になるとほとんどの人が硬いものを使っています。

初心者が使う柔らかいタップの特徴は、ショットを打った際に小さな乱れをコントロールしてくれるということです。ちょっとしたブレ程度であれば、タップが吸収してくれるので、安定したショットを打つことができます。どうしても小さなミスが目立つという人は、タップを使い分けてみましょう。

タップは、S(Soft)・M(Medium)・H(Hard)のように表示されていることが多いです。ある程度ショットが思うように打てるようになってきたら、硬めのものを使うようにしましょう。硬めのほうが、小さな動きをつけやすいです。ビリヤード上達のためには、タップを考えることはとても大切です。

ビリヤードを上達させるたいなら、自分でタップの交換をしてみるのも大切です。ビリヤードが上手な人は、定期的にタップの交換をしています。手入れをするための道具も販売されていますから、まずはこちらを利用して大事に手入れしましょう。お店に頼むという方法もありますが、有料のところが多いです。自分でやったほうが安く済みますから、やり方を覚えるほうが経済的です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ビリヤード All Rights Reserved.

投資信託入門塾