ビリヤード上達フォーム 〜 ビリヤード

main_top_over_navi
main_top

ビリヤード上達フォーム


ビリヤードを練習しているが、どうしても上達しないという人もいます。そんな人は、その原因を考えてみましょう。例えば、道具が悪い、練習が足りないなどということが挙げられます。

ビリヤードを独学で始めた人に多い原因としては、正しいフォームが作れていないということもあります。水泳でも野球でも、正しいフォームが身についていなければ、上達は不可能です。特に、ビリヤードは体全体を使ったスポーツではないため、正しいフォームが出来ているかどうかは、ショットの質を大きく左右する大切なポイントです。ショットが安定しない、うまく出来る時とできない時がある、という人は正しいフォームが出来ていない可能性があります。よく確認をしましょう。

ビリヤード上達のためには、正しいフォームを作れれば体を安定させることができますし、ミスショットを防ぐことにも繋がります。
まずは、テーブルに向って正面を向き、体の力を抜きましょう。次に、利き手側の足を外側に軽く開き、反対の足を斜め前の方向に出します。どれくらい足を開けばいいかは、個人の体格にもよります。上半身をテーブルに近付けた際に安定するかどうかで判断するとよいでしょう。足が開きすぎていたり、閉じすぎているときは、うまくバランスを取ることができません。どうしても開き具合が分からないという場合は、周りに居るビリヤード名人をお手本にしてみると良いでしょう。体の横でキューを構える初心者もいますが、これは、顎の下に来るのが正しいフォームです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ビリヤード All Rights Reserved.

投資信託入門塾