ビリヤード上達の正しいストローク 〜 ビリヤード

main_top_over_navi
main_top

ビリヤード上達の正しいストローク


ビリヤード上達のためには、覚えなければならないことがたくさんあります。まずは、ブリッジの作り方とフォームを学びましょう。これらができるようになれば、今度はキューを使って実際にボールを撞くためのストロークを覚えましょう。ビリヤードがなかなか上達しない人の中には、ストロークが正しく出来ていない可能性もありますから、ぜひ見直してみましょう。

ビリヤードの基本中の基本の動作は、テーブルと並行にキューを動かすということです。まずは、これをしっかりと意識しましょう。
肩と肘の位置は固定し、肘を支点として振り子のように腕を動かすというのが、正しいストロークです。この振り子の動きができるかどうかは、ビリヤードの上達を左右しますから、家などでしっかりとフォーム練習をしましょう。

ストロークの練習には、横の姿が見える鏡、ビリヤード台と同じ高さのテーブルなどを用意します。しっかりとフォームを構えたら、鏡で確認しながらストロークを作りましょう。このとき、確認しておいてほしいことは、肩と肘の位置が常に同じかどうかという点です。引いた際も撞いた際も、肩と肘は同じポイントにあるかどうかを確認しましょう。

ビリヤード上達のためには、毎回意識して同じポイントで固定するようにしましょう。ストロークを固定させることにより、毎回ショットの際の力加減などを細かく調整することができます。いつも違ったストロークにしてしまうと、ビリヤード上達が遅れるのはもちろんのこと、ミスショットも多くなるので気をつけましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ビリヤード All Rights Reserved.

投資信託入門塾