ビリヤード上達と撞点 〜 ビリヤード

main_top_over_navi
main_top

ビリヤード上達と撞点


ビリヤードを上達させたいなら、撞点についても知っておきましょう。これは、手球を撞く場所のことです。丸いボールのどこを撞くかによって、どんな動きをするかは違ってきますね。左右を撞けば横回転が、上下を撞けば縦回転がかかり、中心を撞けばまっすぐにボールは飛んでいきます。ビリヤード上達のためには、どこをどうついたらどんな動きをするのかも理解しておく必要があります。

ビリヤードでは、ボールの中心を撞いただけではできないことは、ボールの横を撞くというだけでできることもあります。あまりに横をついてしまうと、ただのミスショットになってしまうこともありますが、そのほんのちょっとの撞点のずれだけでもショットの正確さが変わってきます。

ボールの中心の撞点を基準とし、ちょっとだけずらすというイメージで左右上下を撞ける練習をしましょう。中央から見てどれくらいずれるかというと、タップ1つ分くらいです。これを基準として、最初はボールに1?9の番号を実際に書いてみると分かりやすいでしょう。もちろん、ビリヤード場のものに書いたりすると怒られますから、一つだけ購入して練習に利用するというのがいいでしょう。

ビリヤード上達のためには、最初はとにかく中心を撞くことから始めましょう。まっすぐ撞くことができなければ応用は不可能です。一般的には中心を1とし、その周りに2?9の番号を振った全9つの撞点がビリヤード上達のために使われます。中心である1の撞点の真上が押し球、真下が引き球、左右はひねりとなっています。ストロークが安定していないと狙った場所をつけません。正確に撞点を撞くということが、全ての技術向上に繋がるのです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ビリヤード All Rights Reserved.

投資信託入門塾