ビリヤードキューの握り 〜 ビリヤード

main_top_over_navi
main_top

ビリヤードキューの握り


ビリヤード上達のためには、正しいキューの握り方も知っておきましょう。左手はブリッジを作るために意識を集中させることが多いですが、その分キューを握る右手は、適当に握ってしまう人も多いです。また、ブリッジを作る側の手は視界に入りますが、キューを持つ利き手側は視界より後ろになります。右手も意識して握ると、正しいショットにもつながります。

ビリヤードのキューの重心を知ることも大切です。上達してくると、一目でどのあたりに重心がきているのかが分かりますが、慣れないうちは毎回確認をするほうがよいでしょう。重心が分かったらそこから少し後ろ側を握るようにします。この「少し後ろ」は、個人によって差があるので、はっきり何センチとは言えませんが、多くの人は8センチ?12センチ程度です。

ビリヤードを上達させるためには、自分にとって一番合う握りの位置を把握することも大切です。自分が握りやすいポイントからずれてしまうと、的が合わせづらくなるので注意しましょう。握り方の基本は、親指と中指で支えるということです。他の指は軽くバランスを取るために沿える程度の力加減で当て、できるだけ軽く持つということがポイントです。手のひらも、キューに押しつけるのではなく、触れるかどうかというくらいの力加減で行いましょう。

ビリヤード上達のためには自宅練習も必要です。キューの握りは、自宅でもイメージを掴みやすいものです。是非毎日の練習のメニューに加えてみましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 ビリヤード All Rights Reserved.

投資信託入門塾